MAYU TOMITA

冨田麻友

生まれは兵庫県垂水区、
育ちは讃岐うどんの国香川県高松市。

5歳の時煌びやかな衣装に憧れダンスを始め、年に1回の発表会にて初ステージに立つ。それ以来約10年間、県内外と「ダンスパフォーマンスユニットグループ」として数々のコンテストに出場。そして上位入賞をする様になる。

2007年10月AKB48第5期生オーディションに合格後上京し、高校生活との両立をしながら多い時で1日3公演ステージをこなす日々を送る。
都内専門学校を卒業後20歳でアメリカNYに単身渡航。
BROADWAY DANCE CENTER NEWYORK ダンススクールにて毎週約12クラス以上のダンスレッスンを受ける生活が始まる。

2017年に帰国後独自のグローバル性を活かす為、2017ミスユニバースジャパン香川大会に出場し準グランプリを獲得。そのことを きっかけに地元を中心にイベントや大学などでのパブリックコンペ、ラジオパーソナリティ等その表現力をいかせる使った仕事のオファーを得る様になる。

2019ミスアースジャパンでは香川代表として日本大会に出場。
ファイナルスピーチでは審査員からの質問にSDGS14番「海の豊かさを守ろう」について語り、地球問題に対する自身の意思を伝えた。

現在はモデル、司会などの芸能活動を続けながら全国地方の宿泊施設を対象としたOMOTENASHI接客英会話講師そして地元香川県で地方創生型農業事業として収穫体験の主催や美容アドバイザーなどの講師業にも挑戦し活動の場を広げている。


滞在国

ニューヨーク, タイ, スウェーデン, オーストラリア

その他渡航した国

グアム島、ロンドン、ブリュッセル、アムステルダム、ミュンヘン、イビザ島、バルセロナ、パリ、コペンハーゲン、ウィーン&ザルツブルグ、ローマ、ソウル